天神社 五・本殿の彫刻

 天神社の御神木ツクバネガシの隣に、玉垣に囲まれてご本殿がある。

二平宮司さんに特別に案内してもらった。


 玉垣内の石段を上ると目に飛び込んできたのが、総欅造りの社殿に装飾された見事な彫刻だった。


 向拝の梁の龍、本殿正面の板戸の昇り龍、下り龍、まるで今にも動き出しそうな迫力だ。

本殿の四方に、松竹梅、獅子、亀、波などの彫刻も施されている。


 軒下の棟札に、西茨城郡笠間町・彫刻師・後藤縫殿之介・明治二十四年二月吉日

と彫られていた。


 国指定文化財の笠間稲荷神社本殿の彫刻を彫った後藤縫之介だ。

実に素晴らしい彫刻師が笠間にいたことが嬉しかった。










閲覧数:37回

最新記事

すべて表示