1/5

笠間の

​を体感

明治中期建築の木造三階建、旧井筒屋本館は、正月の初詣や菊まつりをはじめ多くの観光客で賑わう

このまちのシンボルとして、長年にわたり市民に愛されてきた建物です。

​東日本大震災により被害を受けたこの建物は、建築当時の雰囲気を残しつつリノベーションが施され、

笠間の歴史や観光情報の発信、市民や観光客の交流の拠点「かさま歴史交流館井筒屋」として

生まれ変わりました。

笠間市は6月2日をもって、茨城県内での新型コロナウイルス感染症の感染拡大市町村から解除されました。

また、館内でのカフェも再開いたしました。

このような状況ですので、かさま歴史交流館井筒屋の施設利用を一部制限するとともに、感染症対策をさらに徹底してまいります。

開館時間:9時~21時 (月曜日休館)

※新型コロナウイルス感染症の今後の状況により、変更となる場合があります。

◯発熱・風邪の症状のある方の利用制限

◯入館時の検温・マスク着用・手指アルコール消毒・名簿記入(アマビエ登録重複)

◯施設利用人数制限:定員1/2以内

​笠間稲荷門前通り周辺のお店を

検索できるアプリはこちら

by かさまち考委員会

カレンダー.jpg

令和3年度 施設休館日

​休館日

新着情報

最終更新日: ​2021/6/10

かさま歴史交流館井筒屋は笠間市の公共施設です
1階は笠間城スタンプ設置所、観光案内所、井筒屋カフェを併設
2階は歴史展示コーナー(笠間市の歴史博物館)
3階は貸し会議室があります