天神社 二・絵馬額


 天神社を歴史コラムで紹介したいと取材に伺ったのが、

昨年末の12月28日、とても寒い日だった。

ちょうど、氏子さんたちが正月の注連飾りを新しくするなどの

準備をされていた。


 拝殿に上がらせていただくと、普段は閉まっている拝殿正面の

突き出し戸が開いて、中は明るかった。

先ず目にとまったのが、拝殿内の長押(なげし)掲げられていた

扁額(へんがく)、奉納額、絵馬額などであった。


 二枚ある女性たちが描かれている絵馬額は、大原の上市原や

小原の地名と複数の女性の名前が願主として記されている。

明治期に奉納されたものである。

若い女性たちの当時の日本髪や着物の様子が、

顔料も色鮮やかに残されていてよくわかる。

針子とも記されているが、天神様に何か上達を祈願したものだろうか。

興味深い。


 次回は、市指定文化財になっている扁額などを紹介したい。









閲覧数:17回

最新記事

すべて表示